理事長の挨拶

地域の皆様へ

平素より、私たち一般社団法人伊那青年会議所(以下、伊那JC)に格別なるご支援とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
私たち青年会議所は、自身が暮らす地域そして働く地域の「今」を学び、「未来」を創るために20歳から40歳までの青年を集い活動しています。現在私たちは人口減少・社会保障問題など長年の社会課題に加え、温暖化に伴う自然災害、感染症への対応など多くの課題を抱えています。2020年に始まった新型コロナウイルス感染症の影響は続いており、社会のあらゆる面で「分断」また「共存」という言葉が聞かれます。様々な面で当たり前が当たり前ではない時代となった今日、「分断」してしまった社会や人をもう一度つなぐためには「これまでの当たり前」への感謝を忘れず「未来の当たり前」に目を向け、歩みを進め続けていくことが大切だと考えます。
 2022年度スローガンは「想いをつなぎ、ともに未来へ」としました。アフリカの諺に「早く行きたければ独りで行けばいい。遠くへ行きたければ皆と行くのがいい。(If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together.)」という言葉があります。私たち青年会議所の目指す「明るい豊かな社会の実現」は大切な人、大切な場所、そして未来を想う気持ちの延長線上にあり、これまでにも多くの先輩方がそのような想いを持ち、活動・運動してきてくださりました。今度は私たちがその想いをつなぐ番です。
 皆様のおかげで伊那JCは今年で55年目を迎えます。今後も伊那JCは地域の皆様やご協力いただける他団体様、企業の皆様ともより信頼関係を深め、明るい豊かな社会を目指し活動して参ります。
 本年も引き続き伊那JCの活動にご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2022年1月1日

第55代理事長

中山 彩香